演劇倶楽部、第1回が無事終了!


 今日は演劇倶楽部の第1回でした。ワークショップはこれまでに29回やっていますが、演劇倶楽部は今日が第1回です。はじまりましたね~。ついに。記念すべき第1回にご参加くださったのは7名の方々でした。

 ご参加ありがとうございました! お疲れさまでした!

 ワークショップではなかなか脚本を使った稽古にまで踏み込めません。踏み込む時間がない。しかししかししかし。この演劇倶楽部ではそこまで踏み込みます。今日もほんの一歩だけでしたが、踏み込みましたね。いかがでしたか。芝居作りのはじめの一歩。楽しんでいただけたなら幸いです。

 今回は不等辺の中澤日菜子の作品で、この5月に上演したばかりのもの。「菜ノ花狩りに日は続き」の1ページ目と2ページ目をテキストとして使いました。

 いやぁいやぁいやぁ! 今日の演劇倶楽部。やりながら、私はとってもおもしろかったです。ぜひこれ、続けていきましょうね。早くも、いまから次回が楽しみです。

 脚本をテキストとして使いながら、私の演出哲学(みたいなもの。ハヤシ・メソッド?)を、参加者のみなさんにそのつど少しずつ提示していく。提示することによって、少しずつそれを確かなものにしていく。ステキだなぁ。参加者のみなさんにとっても、私にとっても、ぜひぜひ有意義な企画になりますように。

 演劇倶楽部とワークショップと、どちらもなにとぞよろしくお願いします!

 ワークショップでも毎回お願いしているアンケート。この演劇倶楽部では、アンケート用紙に「質問」を寄せていただきます。どんな質問でもかまいません。演劇倶楽部について、演劇について、私について(?)、その他もろもろ。このブログ上で、その質問に私が回答します。

 題して「演劇倶楽部Q&A」 ブログ上の新企画です。

 ぜひお楽しみに。というか、今回はどんな質問があるのだろうか。アンケートをまだ見ていないのです。なんだかワクワクしますね。(はやし)
[PR]
by futohen | 2005-07-25 00:27 | 不等辺演劇倶楽部