<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

滋賀県ごめんなさい

e0008016_2293335.jpg 草津市はようやく快晴。南草津駅から草津駅まで旧東海道をのんびり歩く。草津市はおもしろいですね。全国屈指の人口急増都市で駅の界隈はどんどん開発が進んでいる。旧東海道沿いにはお寺や古い日本家屋が多数。新しいものと古いものが混在している。草津川はめずらしい天井川であり、めずらしい廃川。なんだこれ?と思いました。草津駅前のアーケード街は小さいけど元気いっぱい。住みよさのランキングでは兵庫県芦屋市を上回って近畿地方の第1位なんだそうです。すごいな、草津市。私はいままで、ごめんなさい、滋賀県に着目したことがありませんでした。新幹線で通過することはたびたびあれど、大津市と長浜市をちょこっと歩いたことがあるだけでした。もっといろいろ歩いてみよう。

 草津駅からJR草津線で亀山へ。亀山からJR関西本線に乗り継いで名古屋へ。東海道本線よりもこっちのルートのほうが東海道に近い。四日市から名古屋までの関西本線のものさびしさったらない。大久手の「アビーロード」でチキンカレーを食べる。「コメダ珈琲店」でばこばこ書類を書く。今年の年末年始は書類書きで終わりそう・・・。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-29 23:50 | 表現活動一般

志望理由書

 今日もしが県民芸術創造館へ。近畿大会の2日目を観ます。和歌山(和歌山)「毒蜘蛛」、滝川第二(兵庫)「志望理由書」、鶴見商業(大阪)「『きょうしつ』という『セカイ』の中で」、水口東(滋賀)「キロにつながるいつかの月日」の4作品を観劇。夕方の東海道をちょっとお散歩。審査講評。オリザさんが全作品についてそれぞれ講評するというぜいたくさ。

 滝川第二の「志望理由書」の最優秀賞は文句なし。開演して1分で「この作品は上手い!」と舌を巻き、開演して20分ぐらいで、この作品が全国大会に行くだろうな、行ってほしいなと思いました。台本のプロットが上手。遊びがあって、無駄がない。そしてこの人しかありえないという絶妙のキャスティング。抑制の効いた演技。バランス感覚に優れた演出。登場人物が4人しかいないのにまったく飽きさせない。もっとも巧みに観客を笑わせ、もっとも登場人物が愛された作品だったでしょう。全体に上品で、ニール・サイモンの作品を観ているようでした。オープニングとエンディングは「就職戦線異状なし」のイメージ?

 大阪のビッグ3(淀川工科、大谷、鶴見商業)はそのまま今大会のビッグ3。評判どおり、いずれ劣らぬ力作でした。広い舞台を有効に使い、俳優のパッションとアンサンブルで作品世界に観客をぐいっと引き込む腕力がある。腕っぷしの強い大阪の3校ではなく、台本の巧みさ、緻密さ、知的さ、抑制の効いた演技が魅力の兵庫の2校(滝川第二、神戸)が上位大会に推薦された辺り、審査員の評価にブレがないね。大阪には不運だったか。

 夜。居酒屋で大阪の先生方と飲む。楽しすぎる。高校演劇は素敵すぎる。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-29 00:08 | 演劇一般

ジャングリラ

e0008016_23521952.jpg 朝からしが県民芸術創造館へ。近畿大会の初日を観ます。高島(滋賀)「僕らのよだか」、鴨沂(京都)「S.」、淀川工科(大阪)「さみしさは朝日を連れて」、神戸(兵庫)「ソーニャ姐さん」、大谷(大阪)「ジャングリラ」、一条(奈良)「Trap~罠」の6作品を観劇。今日の滋賀は朝から寒い。雪が舞っています。お昼休み、劇場からぶらっと外に出たら、ちょっと風情のある、歩き心地のよい道に出た。「お、いい道があるじゃん!」と思ったら、なんと東海道。草津って宿場町だったのね、モノを知らなくて恥ずかしい。南草津駅前の様子から、てっきりここらは京都市のベッドタウンだと思っていました、単なる。

 近畿大会は初体験。いろいろおもしろい。いろいろ新鮮。私は近畿そのものにあまりなじみがない。京都の「鴨沂高校」を私は読めなかった。「おうき」と読む。ユニフォームの胸にはローマ字で「Ohki」とありました。戦後の学制改革以前の校名は「京都第一高等女学校」。日本最初の女学校なんだそうで、なんとあのヘレン・ケラーも来校。すごいなぁ、私は何も知らなかった。上演作品は伝統校だからこその問いかけであり、静かな叫び。

 大谷高校の作品は、おととしの香川全国大会に1年生で出ていたふたりが健在。14名の出演者がスピーディーに登退場し、ダイナミックにシーンが展開するなかで、ふたりの掛け合いは見事な安定感。あの独特のセリフ回し、独特の酔狂さ、それに対する容赦のない突っ込み、そしてふたりをつなぐ切実さ。ぜんぶ「逝ったり生きたり」を彷彿させて愛しい。

 夜は顧問研修会に参加。楽しく2時間半。西垣さんとお会いできるとは!(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-27 23:54 | 演劇一般

薬指の約束

e0008016_22581544.jpg 朝。新幹線のぞみと名鉄線を乗り継いで愛知県の知立市へ。パティオ池鯉鮒のかきつばたホールにて。中部大会の2日目を観ます。奥越明成(福井)「黄輪草」、愛知(愛知)「子別れ」、高田(三重)「薬指の約束」の3作品のみ観劇。「黄輪草」のゆったりとした時間の流れ方、「子別れ」の女子たちのキュートさ、いずれも好きでしたが、今日は「薬指の約束」に完全にやられた。観終わって、頭がぐわんぐわん言っている。幕間討論で演出意図についての質問がばばばっと4つも挙がる。あれはたしかにわからない。特に薬指のはわかりっこないよ。わからないけど、演劇作品としてたいへんおもしろい。引き込まれました。高田高校はまた全国に行くのかな。写真は会場近くの路上に置かれたオブジェ。タイトルが「笑う〇〇」。いしいひさいちの「地底人」のような顔立ち。夕方から知立市は雨。名鉄線とJR東海道線を乗り継いで滋賀県の南草津へ。こちらも雨。今夜は南草津に泊。梓崎優の「リバーサイド・チルドレン」(東京創元社)を読む。「胸を抉る真相」との惹句に偽りなし。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-26 23:00 | 演劇一般

叫びと祈り

 月曜日。豊見城市は快晴。終日、ビジネスパーソン対象の仕事。ホテルでばたばたと書きもの。テレビで女子スケートを眺める。安藤の次に滑った人がいちばん繊細でよかった。2番が浅田真央。今日は豊見城市から一歩も外に出ていない。仙台市と比べたらずっと気温は高いのですが、日が沈むと肌寒くて、むしろこっちのほうが風邪をひきやすそう。

 火曜日。夕方、少し時間ができたので那覇市内をお散歩。安里駅から崇元寺通りを泊まで歩く。58号線沿いの「軽食の店ルビー」で焼肉定食を食べる。この道を歩くのもこのお店で食べるのも16年ぶり。那覇空港発20時55分のANA便で帰京。この時刻の便に乗っても終電に間に合うのがわかった。梓崎優の「叫びと祈り」(東京創元社)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-25 10:09 | 表現活動一般

いろいろ切ない春だなぁ

 東京は気持ちのよい快晴。12月の東京のこういう空が好きです。羽田発11:05のANA便で那覇に飛ぶ。年内最後の沖縄出張。今夜は豊見城市内に泊。ワークショップとも高校演劇とも関係のない仕事をこそ、私は大事にしなければならない。がんばろう。

 青森中央はさすがだ。夏の全国大会も楽しみですが、その前に関東大会で畑澤さんの講評を聴くのが楽しみ。名取北、春フェスかぁ。観たいなぁ。安保先生の作品は夏よりも春にこそ観たい。ぬぬぬぬ、どうして年に1回しかない上演会の日程が重なるのだ。【高校演劇サミット】を充実させるのが私の仕事だ。とは言え、いろいろ切ない春だなぁ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-22 21:44 | その他、バスケット項目

e0008016_027438.jpg 今日の仙台市は雪こそ降っていないものの、かなり冷える。昨日より1枚厚着をして出かける。JR仙山線で愛子へ。広瀬文化センターにて。東北大会の2日目。青森中央(青森)「翔べ!原子力ロボむつ」、山形東(山形)「マホロロスの夜」、仙台第三(宮城)「先生とチュウ」、東根工業(山形)「はじまりの陽」、盛岡市立(岩手)「ニッポンSFジェネレイション」の5作品を観劇。「ニッポンSFジェネレイション」を、私は7月の県央・南盛岡ブロック大会で観ました(審査員でした)。あれから5ヵ月たって、作品は新世代にモデルチェンジ&バージョンアップ。岡部先生、これは行ったかもしれませんね。

 JRで仙台駅に戻り、そのまま新幹線はやてで帰京。明日の最終日を観られないのが痛恨です。特に名取北の「鼻と糸トンボ」をもういちど観たかった。おとといの昼から部屋干ししていた洗濯物がまだ乾いていない。ばたばたと明日からの出張の準備。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-22 00:39 | 演劇一般

中華戦士 カンフーマン

 朝。仙台市内はみぞれ交じりの冷たい雨。地下鉄とJR仙山線を乗り継いで愛子(あやし)へ。途中から雨が雪に変わり、すでに仙山線のダイヤは乱れている。東北大会の初日。開会式の幕が上がったら、真正面に佐川大輔さんが座っていて、すぐに目が合ってしまい、お互いにスマイル。審査員、がんばってください。篠原久美子さんの挨拶がとっても素敵でした。相馬(福島)「いらっしゃーい♪ようこそ『幸先人生相談所』へ」、弘前中央(青森)「それはいえない」、黒沢尻北(岩手)「父と暮らせば」、仙台青陵中等教育学校(宮城)「中華戦士 カンフーマン」、大館鳳鳴(秋田)「ほら吹き食堂のエース」の5作品を観劇。

 私は宮城県大会の審査員を務めましたので、宮城県の3校を応援モード。というのを差し引いても、今日の「中華戦士 カンフーマン」は素晴らしかった。痛快だし、プロットに無駄がない。ネタ探しに貪欲なあの姿勢は、関東だと専大松戸に似ている。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-20 20:58 | 演劇一般

e0008016_22322418.jpg 東京は朝から雨模様。寒い。電車を乗り継いで吉祥寺に出る。吉祥寺駅はだいぶきれいになった。冷たい雨のなかを成蹊中学まで歩く。来月の連続ワークショップの打ち合わせ。JRを乗り継いで王子に移動。都立飛鳥高校へ。来月からの連続ワークショップの打ち合わせ。上野駅で食べた「八天堂」のカスタードクリーム入りメロンパンがおいしすぎる。新幹線こまちで仙台に移動。車内でぱこぱこ書類を書く。駅前のアーケード街を歩いていて、各県の顧問の先生方とばったり出会う。すでにすっかり盛り上がっているご様子で、いやぁ楽しい。「18スーパーカレー」でメンチカツカレーを食べる。「ツルハ」で風邪薬を買う。ちょっと風邪っぽい。定禅寺通りは【光のページェント】。この素敵さは写真に撮れません。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-19 22:34 | ワークショップ

 今日はワークショップが午後からなので、少しゆっくりできる。午前中は小道具の準備をしたり、各方面に連絡を入れたり。午後。室川小学校でワークショップ。【架空の学校】の発表会。今日が全12回のワークショップの最終回でした。そして今日は新聞の取材も入ったのでした。記事にしてもらえるといいな。工作室で振り返りをしてホテルで解散。このホテルを根城に、先月から入れ代わり立ち代わりいろんなメンバーと一緒にいろんな学校に行っていろんな子どもたちといろんなワークショップをしました。終わってみたらあっという間だ。やっている間は毎日産みの苦しみにあえいでいましたが、いま思えば天国のように楽しい日々だった。那覇空港発19:55のJAL便で帰京。東京は氷雨。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-12-19 00:22 | ワークショップ