「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー

<   2013年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

城東地区大会Bブロック

 午後から都立科学技術高校へ。サイエンススクエアにて。城東地区大会Bブロックの最終日。都立科学技術「フォロー・ミー」、都立忍岡「ばななな夜 BananaんNight」の2作品を観劇。エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」を聴くと、小名浜高校の「チェンジ・ザ・ワールド」を連想してしまう。私は高校演劇を観すぎなのだ。渡辺美帆子さん椎原克知くん二階堂瞳子さんの講評を聴く。一人ひとりが7作品ずつ語っていくスタイルが新鮮。

 二階堂さんの講評は噂通りのマシンガン。【がんがんマジめっちゃ超やばかったあざーす!】。美帆子さんの講評がやっぱり素敵。豊かな切り口と語り口。演劇の味わい方が豊かになる講評だと思いました。また「高校演劇サミット」に来てほしいな。聴き手としての好みを言えば、1作品ごとに審査員が一人ひとり語るスタイルのほうが好きです。ひとつの作品に対する意見の多様さに私は刺激される。誰の意見なのかはあんまり関係ない。

 今週末、また審査員を務めます。講評、がんばります。秋田県の中央地区大会です。会場は秋田県児童会館子ども劇場です。お近くにお住まいの方はぜひ!(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-29 23:05 | 演劇一般

流星の絆

 金曜日。いわき市の空はすっきりと晴れあがる。朝から今日も豊間小学校へ。防災対応型ワークショップ。お昼は1年生の教室で給食を食べる。私はあまり子どもが得意ではないのだけど、こんなに小っちゃい子らなら気疲れしないし、なによりかわいい。常に4人以上が同時に話しかけてくる。昨日のワークショップではお休みだった子がなぜかいちばん興奮している。午後。のんびり植田までレンタカーを返しに行き、スーパーひたちで帰京。

 東野圭吾の「流星の絆」(講談社文庫)を読む。プロットが超絶的に巧み。うまく組みあがった簿記の総合問題のよう。宮藤官九郎の脚本はプロットをいじっているみたいですね。

 土曜日。朝から都内で新しい企業研修の体験会。学習意欲が俄然高まる。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-29 00:00 | ワークショップ

そして父になる

 今日のいわき市は最高気温が昨日より6度も低いらしい。雨だし風も強いし寒い。朝からレンタカーで豊間小学校へ。午前中に100分間のワークショップを2回。午後。平の「みふみ屋肉店」で味噌カツ定食を食べる。お肉屋さんのとんかつ。おいしい。疲れがとれる気がする。ホテルで少しお昼寝。夜。ポレポレいわきで是枝裕和監督の「そして父になる」を鑑賞。たいへんよい。俳優の顔を見れば展開は読める。でも見応えがある。福山雅治が主役だからってわけじゃないが、ちょっとドラマの作り方が東野圭吾っぽい。でもこれ、参考文献が奥野修司だってことは実話に基づいているんですよね。読んでみよう。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-26 22:37 | ワークショップ

平田オリザ温泉

 朝から鈴鹿ひろ美の歌う「潮騒のメモリー」に心を震わせる。声も旋律も美しい。歌詞のなかに「セーラー服と機関銃」の歌詞を踏まえた部分があることにも感動。レンタカーで内郷第二中学校へ。午前午後と災害対応型ワークショップ。私の印象では、パブリックよりもテラスのほうが肌に合いそうな学校である。馨さんと唯ちゃんの最強ツートップが高い位置でボールを奪う、みたいな。終了後、明日のワークショップの準備のために豊間小学校を訪ねる。その道中というか車中、【混浴の温泉に入るときの心構え】について盛り上がっていて、知らず知らずとっても平田オリザ的な話になる。混浴の温泉で、人は見ず知らずの相手にどういうときに話しかけるか。夜。「すし八」でたっぷり腹ごしらえ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-25 21:17 | ワークショップ

いわき市入り

 夜。スーパーひたちで福島県いわき市入り。車内で、読まずにたまっていた新聞に目を通す。7部読んだらいわき駅に着きました。もう長袖じゃないと寒い。明日からまたいわき市内の学校でワークショップです。明日はアリオスで内郷方部の小学校の音楽祭があるはず。行きたい。でも明日は行けない。こんなに近くにいるのに残念。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-25 00:07 | 表現活動一般
 今日も朝から淵野辺のプルヌスホールへ。多摩南地区大会Aブロックの最終日。大妻多摩「頭痛肩こり樋口一葉」、桜美林「星から来た彼女」、晃華学園「DOLL」、都立神代「生命線」、都立小川「Time」、和光「赤鬼」、都立成瀬「ともことサマーキャンプ」、日大三高「爆弾青年A~ドキドキしてもいいですか~」の8作品を観劇。久次米さんと私とで都大会推薦作品と奨励賞作品を選出。講評。終了後は顧問の先生方と打ち上げ。

 都立日野台「In The Box」
 日大三高「爆弾青年A~ドキドキしてもいいですか~」

 大会を支えているスタッフのなかには、私の教え子もいたのでした。この大会はうれしいことが多い。都大会に推薦した2作品、ぜひまた観たい。おもしろいので多くの方に観てもらいたい。私は残念ながら都大会を観に行けません(他県で審査員をしています)。なので、この2作品にはぜひ関東大会にまで進んでほしいです。静岡で観ます。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-24 01:33 | 演劇一般
 朝から淵野辺の桜美林大学PFCプルヌスホールへ。多摩南地区大会Aブロックの初日。私は久次米健太郎さんと審査員を務めます。都立町田工業「光」、都立町田総合「親友」、都立日野台「In The Box」、都立町田「たいようのよる つきのひる」、都立国立「you.」、都立府中西「殺し屋迷走」、都立永山「タイムカプセル~Best Friends~」、都立南平「カケラ。」、都立調布南「分度器家族」の9作品を観劇。久次米さんとふたりで9作品の講評。コンクールで1日に9作品を観たのは初めて。空前にして絶後なのではなかろうか。

 今日は私の芝居仲間、というかワークショップ仲間が朝から観に来ていて、全作品を観て講評も聴いてくれました。こういうのがうれしい。大人の演劇人が(審査員じゃないときも)普通に高校演劇を観るようになってほしい。去年、私学中学大会で審査員を務めたときの出場校の生徒が、高校生になってこの大会に参加しています。こういうのもうれしい。今日上演されたある作品のなかで、「赤い花、白い花」が歌われました。私も昔、芝居のなかでこの歌を使ったことがあります。(私は出演者だったので、正確には【私が使った】わけではないけど)。なんと今から23年前、私が21歳のときだ。そんなにも時間がたったということと、歌を聴いた瞬間に23年も前の気分がよみがえったことが衝撃。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-22 22:38 | 演劇一般

世界の終わり

 深夜。いわき市は震度5強。これは何事か。世界が終わるのか。と思いました。災害対応型ワークショップの出張中になんとタイムリーな。朝。なにごともなかったかのような快晴。JR常磐線(始発から40分ほどの遅延)とタクシーを乗り継いで錦小学校へ。1年生2年生4クラスを対象に災害対応型ワークショップ。放課後は職員室にもお邪魔して先生方とお話。夕方のスーパーひたちで帰京。丸の内の丸善を冷やかす。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-21 11:48 | ワークショップ

風になりたい

e0008016_11174522.jpg 朝からいわき市は快晴。タクシーで白水小学校へ。山間の小さな小学校。全校生徒を対象に災害対応型ワークショップ。お昼は子どもたちと一緒に給食をいただく。カレーライス! ラッキー! 午後。体育館で音楽会のためのリハーサルを見学。来週、いわきアリオスで内郷方部の小学校の音楽会があるそうで(去年も私は鑑賞しました)、そのために6月から練習してきたのだそうです。これがたいへんよかった。1年生から6年生まで全校生徒12名、今日はひとりお休みだったので11名。一人ひとりの表情の真剣さと音の丁寧な重なり具合にぐっと来ました。史上最高の「風になりたい」。

e0008016_1134154.jpg 今回は平ではなく湯本に宿泊。まだ日のある時分から温泉につかり、少しお昼寝。夜は湯本駅近くの「海幸」で魚料理に舌鼓を打つ。おいしいし、量も多い。そして安い。また来よう。今夜は中秋の名月。お月様に見とれつつ、お団子をいただく。今日は五感のそれぞれによいものをいただいた一日でした。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-21 11:35 | ワークショップ

嵐のピクニック

 本谷有希子の「嵐のピクニック」(講談社)を読む。傑作奇想短編集。

 今日はこれから福島県いわき市に出張です。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-09-18 16:40 | 表現活動一般