「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー

<   2013年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

4444

 おかげさまで今日は誕生日なのでした。フェイスブックにお祝いのコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。どうも私はFBに馴染めず、相変わらずこっちのブログのほうが私のホームグラウンドなのですが、今後はもうちょっと活用してみようと思います。

 昭和44年生まれの44歳です。4が4つ並ぶのだ。私がこれまで生きて来てこれからも生きていくなかで、もっとも縁起が悪い1年なんじゃないだろうか。その分、この1年はしっかりしよう。いままで以上に健康には気を付けよう。仕事はもちろんちゃんとやるわけだけど、そのためにもむしろちゃんと遊んで、ちゃんと休もう。私はまだあと50年ぐらいは今以上の水準で社会参加し社会貢献したいので、つまりは社会人としてすごしたいので、長い目で見て将来性があるというか、資産価値をもつような時間のすごし方ができたらいいな。そんなことを近所のコメダ珈琲店で粛々と仕事をしながら思いました。4月になったら忙しくなる。今夜は先日安保先生がくださった「好きにならずにはいられない」のDVDを観て寝ます。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-30 23:30 | 演劇一般

ご飯の時間

 午後。小竹向原のアトリエ春風舎にて。青年団若手自主企画vol.56玉田企画「ご飯の時間」を観劇。たいへん見応えのある80分間。見応えがあるというか、身につまされる。自分の、思い出したくないエピソードを思い出し続けた80分間でした。あー、やだやだ。ちょっと自己肯定感が低くなる。作・演出の玉田真也くんと私は演出部の同期です。入団したときは同期が12,3人はいたのに、3年たった今では4人しか残っていません(あとのふたりは谷賢一さんと大池容子さん)。この歩留まり率の低さ。数字だけなら、プロ野球の世界と同じだ。日本ハムの大谷選手がデビューした日に、私はそんなことを考えました。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-30 03:06 | 演劇一般

かぞくのくに

 DVDで映画「かぞくのくに」(ヤン・ヨンヒ監督)を鑑賞。たいへん良い。井浦新は「ワンダフルライフ」の頃から変わりませんねー。きっと器用じゃないし、俳優としての守備範囲は狭いんだろうと思いますが、逆にこの人が演じるからこそ味わいの増す役というのもきっとあって、これがそれ。安藤サクラもすごいですね。私は荷物をなにも持たずに外出することなんて、もうこの20年以上1回もないなぁ、だなんてことを観ていて思いました。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-27 16:08 | 表現活動一般

春季全国大会最終日

 朝。評判の好投手、大和広陵の立田投手のピッチングをテレビでチェック。まだ新2年生。「行きます」と返事さえすれば近畿のどの強豪校にも特別待遇で進学できたようなピッチャーが地元の県立校に進み、甲子園に出場する痛快さ。逆転負けしちゃったのね。

 午後。いわきアリオスにて。春季全国大会の最終日を観ます。富岡東高校羽ノ浦校「避難」、北海道登別明日中等教育学校「コイカツ!」、精華「駱駝の溜息」、大沼「シュレーディンガーの猫」の4作品を観劇。どの作品にも見応えがあり、各ブロックで評価された理由がわかる気がしました。そういう意味では昨日今日で観た6作品はぜんぶ良かった。私が最も印象に残ったのは大沼高校の作品で、東北大会のときとは作品の印象が少し変わりました。もちろんテキレジや稽古、コンディショニングなど上演する側の努力の賜物でしょうけど、客席の温度というか湿度が違うように感じたのは、秋田県と福島県、秋田市といわき市、の違いもあるのか。そんなホームとアウェーみたいなのが演劇にも起こるのか。起こるのだ。

 大急ぎで会場を後にして、いわき駅から特急スーパーひたちに乗車。書きもの仕事を少しでも消化するつもりが、30分と持たずに気分が悪くなる。スーパーひたちってこんなに揺れたっけか? あるいは昨日今日がちょっと寒かったので、風邪をひいたのだろうか。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-25 00:58 | 演劇一般

春季全国大会2日目

 朝から出かけるつもりでしたが、寝坊。ゆうべ家に着いたのが午前1時すぎだったからなぁ・・・。午後。上野発13時の特急スーパーひたちで福島県いわき市入り。いわきアリオスにて。春季全国大会の2日目を観ます。松江工業「贋作マクベス」、青森中央「はしれ!走れメロス」の2作品のみ観劇。改めて寝坊したのが悔やまれる。春季全国には春季全国ならではの雰囲気や良さがありますね。思い起こせば、私はこの大会、毎年観ています。それも2005年から。あのときは観ていて出演者が気の毒になるほど、客席ががらがらでした。それがいまはこんなに盛況だ。すばらしい。明日は4作品ぜんぶ観ます。楽しみです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-24 00:12 | 演劇一般

リトハク

 ゆいレールの車内で「リトハク(離島博覧会)」の吊り広告を眺めていて、ふっと「『久米島』の形は南アメリカ大陸に似ている!」と気づきました。久米島は小さくて、形もだいぶかわいらしい。大人と子どもというか、昆虫に例えると、成虫と幼虫みたいな感じだ。久米島はやがてすくすくと育って、悠久の時の流れの果てに「南米島」になるんじゃないかな。
e0008016_2205977.gif

 今日の那覇市はすっきりと晴れて、気温26度。花粉も飛んでいません。快適。今から羽田行きの便に搭乗するのですが、正直まだ東京には帰りたくないです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-22 19:40 | その他、バスケット項目

わが国

 午前3時50分に起きる。もちろんまだ真っ暗。風が強くて寒い。シャトルバスで空港に向かうときの、あの独特のわびしさ。羽田発6時20分のスカイマーク便で那覇空港へ。今日の那覇は最低気温が19度の予想。終日、豊見城市内で仕事。かりゆしウェアには開襟のものとスタンドカラー(ボタンダウン含む)のものとマオカラーのものがあり、開襟のものはインフォーマルウェアなのだそうです。夜。と言ってもまだ明るかったので、とまりん近くのホテルからおもろまちの那覇メインプレイスまでお散歩。モノレールだと3駅ありますが、それはレールが大きく蛇行しているためで、歩いても15分ほどの距離。私はほっとくと立ち寄り先が固定化して行動がパターン化してしまう。なので、行動のほうを変えてみた。初めて歩く道は楽しい。昨日、甲府市で道に迷ったときも久しぶりにワクワクした。こういうのは大事だ。那覇にはマスクをしている人がいない。こちらでは花粉は終わったのかしら。いまさら中野剛志の「TPP亡国論」(集英社新書)を読む。・・・このままだとやばいんじゃないのか。わが国。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-21 23:58 | その他、バスケット項目

山梨オープン

 朝。ばたばたと仕度して外出。新宿発10時の特急スーパーあずさで山梨県甲府市へ。甲府駅の近くの「カレー倶楽部」で野菜カレーを食べる。たいへんおいしい。去年も同じことを思いましたが、このお店はこの全国チェーン風のうすっぺらい店名で損をしている。

 お天気が穏やかなので、県立文学館まで歩こうと思ったのが失敗。途中で大きく道に迷い、結局90分も歩く。20号線を歩いていて甲斐市に入ったところで間違いに気づいた。たぶん40分ぐらいロスしている。第5回山梨オープン小演劇祭を観ます。世田谷総合「東京の同郷」、精華「駱駝の溜息」、甲府南「世界の謎、ふたつめ」の3作品を観劇。

 世田谷総合の開演に10分も遅刻してしまったのが痛恨。甲府南の作品は演劇(あるいは高校演劇)で遊んでいるところが楽しい。ちゃんと演劇を考えないと演劇で遊べない。たいへんなことだ。ただ中村先生のなさりたいような遊び方で遊ぶには8~12人ぐらい部員がいるのが理想なんだろうなぁとも思いました。そのあたりのボリューム感はワークショップで遊ぶのと同じ。同じに決まってるか。特急あずさで東京にトンボ返り。今夜は羽田近くのホテルに泊。家にテレビがないので、外泊すると、テレビつけっぱなしにしちゃうなぁ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-20 22:25 | 演劇一般

告白

 朝。駒場でNPO法人パブリックの理事会。池ノ上駅の近くのカレー屋で野菜カレーを食べる。おいしい。写真を撮り忘れたのが痛恨。お店の名前も失念。再訪します。DVDで映画「告白」(中島哲也監督)を鑑賞。復讐するならここまでしっかりおやりなさい。見応えはありましたが、私は「パコと魔法の絵本」のほうが好き。岡田将生はたいへん良かった。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-20 11:05 | 表現活動一般

ヒューゴの不思議な発明

 午後。池袋で木元さんと「高校演劇サミット」の打ち合わせ。

 DVDで映画「ヒューゴの不思議な発明」(マーティン・スコセッシ監督)を鑑賞。素敵なファンタジー。たしかに「写真が動き出す」というのは、初めて観た人にはさぞや衝撃だったろう。私のアルバムの写真の一枚いちまいが動き出したらどんなだろう。そんな不思議な発明はないものかしら。フランスなのにどうしてみんな英語を話すの?と気になりましたが、考えてみると、そういうのって日本でも多いですね。映画は知らないけど、漫画だと普通にありますね。

 岡田尊司の「発達障害と呼ばないで」(幻冬舎新書)、田嶋幸三の「『言語技術』が日本のサッカーを変える」(光文社新書)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-03-18 11:56 | 表現活動一般