コラーゲン伊勢えび弁当

 朝。レンタカーでいわき市の四倉小学校へ。午前中に約100分のワークショップ。パブリック講師陣の英知を結集し、出された改善アイデアをすべて反映してブラッシュアップしたグレートプログラムを実施する。たいへん楽しい。異動してきたばかりの店長と若手メンバーたちがひざをつき合わせて新しいコンビニ弁当を開発している様子を眺めながら、私は心のなかで中島みゆきの「地上の星」を口ずさみました。「コラーゲン伊勢えび弁当(正式名称失念))」の30秒CMが印象的。男子たちが伊勢えびを釣り上げ、ちゃちゃっと調理し、女子会(!)でご馳走として振る舞われる。女子たちは一口食べると「あ、お肌が・・・!」と言ってうれしそうにほっぺたをぺたぺたする。これ全員、小学4年生だから笑える。モデルやタレントを起用するよりよっぽど魅力的だと思う。終了後は先生方と振り返り。特急スーパーひたちで帰京。疲れてしまったのか、車内ではぐったり。門馬忠雄の「新日本プロレス12人の怪人」(文春新書)を読む。仕事をさぼっているつもりはないのに、すぐに仕事がたまってしまう。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-29 23:07 | ワークショップ

 幕間に劇場ロビーで私がボーっとしていると、「ひょっとして林さんですか?」と声をかけてくださった方がいました。聞くと、「高校演劇サミット」がおもしろかったので高校演劇に興味をもち、関東大会も観にいらっしゃったのだとのこと。横浜会場のほうにもいらっしゃったのだそうです。そして「高校演劇サミット、ぜひ続けてください」と。ありがとうございます。うれしいです。ひょんなきっかけで高校演劇を知り、高校演劇のファンになった私が、まだ高校演劇を知らない方々にとっての「ひょんなきっかけ」になれることを願って、高校演劇サミットをやっているのでした。あれを入口に多くの演劇ファンが高校演劇の会場にも足を運んでくれたらうれしい。お声掛けくださって、ありがとうございました。チカラが湧いてくる思いです。

 落合博満の「采配」(ダイヤモンド社)を読む。今夜は福島県いわき市に泊。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-28 17:02 | 演劇一般

関東大会(桐生会場)

 私の泊まったホテルにたまたま審査員の方々も泊まっていたらしく、1階のロビーで山口先生や鈴江さんとご挨拶。このホテル、朝食バイキングに野菜がなかった。そう言えばそんなようなことを以前、長谷さんがブログに書いていたのを思い出しました。長谷さんが審査員のときもこのホテルだったんだなー、たぶん。関東大会の2日目。伊那西「BORN帰り」、高崎商科大学附属「修学旅行」、筑波大学附属坂戸「快楽サランラップ~おいしいお鍋の計り方~」、秩父農工科学「千年ロッカー」、入間向陽「ポリエンヌ」の5作品を観劇。お昼は近くの「観覧車」で牛すじ煮込みカレーを食べる。カメラを忘れたのが痛恨。おいしかったです。

 私は埼玉県大会の審査員を務めましたので、やっぱり埼玉県勢の作品には愛着があります。自然と応援モード。それを差し引いても、3つが3つともおもしろかったです。各校それぞれの持ち味で客席を圧倒していました。残念ながら上位大会への推薦は得られませんでしたが、今大会は埼玉県勢が北関東を席捲した大会だったというのが私の印象です。

 鈴江俊郎さんの講評を堪能。さすがです。勉強になりました。さくら清修高校の作品の、戯曲の改善ポイントについても聴きたかったなぁ。もっと言えば12作品全てについて鈴江さんの講評を聴きたかったです。鈴江さんに当たらなかった学校が気の毒だったもの。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-28 16:11 | ワークショップ

 朝。午前5時に起きる。JRを乗り継いで群馬県の桐生市へ。長そでの服を5枚も着ているのに、それでも寒い。桐生市市民文化会館シルクホールにて。関東大会(桐生会場)の初日。高田北城「五時から三十円引き」、宇都宮中央女子「あゆみ」、前橋南「狩野【Kanou】」、新潟南「ヤマタノオロチ外伝」、さくら清修「自転車道行曾根崎心中」、丸子修学館「K」、新島学園「厄介な紙切れ-バルカン・シンドローム-」の7作品を観劇。新島学園の、「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」の曲の入り方がかっこよかった。私も昔この曲を芝居で使ったことがあります。懐かしくてにやにやしてしまったな。今夜は桐生市内に泊。

 昨日は終日、都内でビジネスパーソン対象のファシリテーション研修でした。たいへん楽しい仕事でした。ただその疲れが残っているのか、朝が早かったためか、今日は客席でちょっとぐったり。脳が酸欠気味。書類仕事を少しだけやっつけて早く寝ます。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-26 22:32 | 演劇一般

地の底のヤマ

 朝。午前5時に起きて、吉祥寺の成蹊中学へ。朝の1時間目から午前中にワークショップを2回。全12回のワークショップが今日で終了です。生徒たちも私たちもインフルエンザの影響を受けることなく、無事に終われたことにまずは一安心。私たち講師チームにとっても学びの多い2週間でした。帰宅後、来週のワークショップのプログラムを練る。西村健の「地の底のヤマ」(講談社)を読む。大牟田市のマチはまだいちども歩いたことがありません。長崎の帰りに寄ってみようかしら、夏に。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-25 22:39 | ワークショップ

女子高生の旦那

 連日、吉祥寺の成蹊中学に通う。昨日は午前10時半から、今日は午前9時半からワークショップ。すでに最終ラウンドに入っています。身体表現を活用しつつ、フィクションの世界で遊ぶ。内から外へと、想像力とコミュニケーションの力を駆使して関わりを広げる。そんな内容です。たっぷり振り返り。午後。吉祥寺から都内を大移動して高校の演劇の授業。会話のスケッチを素材としたグループ創作。いまの女子高生たちは彼氏のことを「旦那」と呼ぶ(こともある)らしい。初めて知りました。へぇ・・・。その逆はないそうです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-23 20:07 | ワークショップ

一手足りない

e0008016_22274376.jpg 朝。吉祥寺の成蹊中学へ。午前中にワークショップを2回。振り返りをたっぷり2時間。あっちゃんの言うように、たしかに今回のプログラムには段取りが一手足りない。「フィクションの世界で遊ぶ」には、そのための準備運動が必要だ。ただそれでも「ノっちゃうと喋っちゃいますね!」と照れくさそうにうれしそうに言い残して帰っていった生徒もいる。乗れるか乗れないか。生徒間の差が大きいようだ。難しい。下北沢の「アルトト」で背脂のカレーを食べる。きのこと半熟たまご。おいしい。疲れている自分へのごほうび。帰宅後、明日のワークショップの準備。さらに直近に迫った仕事の準備。週明けの仕事の準備も。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-21 22:28 | ワークショップ

副校長役の河野さん

 朝。自転車で筑駒へ。まだ路面に雪は残っていますが、気を付ければ自転車で移動できるようにはなりました。ありがたい。ワークショップリーダー人材養成講座の最終回。前回の講座までにつくったプログラムを企画書に落とし込み、学校の管理職の方々に談判して企画を通す面談ロープレ。たいへんおもしろくたいへん有意義。特に副校長役の河野さんがすばらしい。パフォーマンスも講評もすばらしい。6月に始まった講座がとうとう終了。私はこの講座を愛していましたし、講師側にとっても、あるいは講師側のほうこそ得るものの多い講座だったように思います。みなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。今夜が締め切りの原稿がずっと気に懸っていて、少々気が重い。気の休まるときがない。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-21 05:13 | ワークショップ

リトルスパイス

e0008016_22471495.jpg 朝。吉祥寺の成蹊中学へ。ワークショップは今日から第2ラウンド。午前中に2回。振り返りを1時間半ほど。私たち講師は振り返りの時間に成長するのだと思います。「リトルスパイス」でブラックカレーを食べる。思いの外これは辛い。のどに来る辛さ。夜。駒場でNPO法人パブリックの理事会。この1週間ほど、ずっと目がシバシバしています。もう花粉が飛散しているのかしら。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-19 22:47 | ワークショップ

カウンター研修

 朝。午前4時45分に起きる。路面の雪さえなければ、あと15分は寝ていられるのに。今日も成蹊中学へ。1時間目からワークショップを2回。講師メンバーで振り返り。文科省のコミュニケーション事業のワークショップ講師は、個人戦ではなくて団体戦です。テラスで言うところの「カウンター」の役が務まる、唯ちゃんのような講師をパブリックでも養成せねばなるまい。どんな研修をデザインすればよいのだろう。それを考えるのは、他の誰でもない私の仕事だ。振り返りを途中で退出して三軒茶屋に急ぐ。午後。世田谷産業プラザにて。世田谷若者就労支援センターによる「若者向け就職実践セミナー」の講師を務めます。就職してから必要とされるコミュニケーション能力をテーマとした、演劇ワークショップを3時間。みなさん、お疲れさまでした。自信をもって就職活動に臨んでください。明日の正午が締め切りの書類をやっつけねばならぬ。やれるところまで今夜のうちにやるか。でも先に少し寝るか。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-01-17 19:53 | ワークショップ