「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

録音

 朝。近くの内科クリニックで風邪薬と喉の炎症を抑える薬を処方してもらう。痰がからむし、特に夜は嫌な感じの咳が出る。熱はないし、頭痛もない。不調なのは喉だけなのだ。

 夜。八王子の松本仁也邸へ。不等辺さんかく劇団の公演「ヴァンパイア・ブリード」に私は声の出演をします。今夜はその録音です。普段から用心していたのに、あろうことかこんなタイミングで喉をやってしまってごめんなさい。こんな声で申し訳ない。公演は来年1月です。どうぞ奮って劇場に足をお運びください。冒頭とラストのナレーションが私です。(はやし)
e0008016_1424964.jpg

[PR]
by futohen | 2010-11-30 01:56 | 演劇一般

福島県大会

 小雨のなかを会津風雅堂まで歩く。福島県大会の3日目を観ます。あさか開成「ねこはしる」、会津若松ザベリオ学園「Rain Call」、福島明成「七月の光」の3作品を観劇。近くの食堂でお昼を食べる。食べながらPCを開いて先日のワークショップのレポート書き。図書館で書き物の続きをするつもりでしたが、先月で閉館しちゃったんですね。残念。劇場のロビーで書き物をしていると雅通先生や石井先生が声をかけてくださる。閉会式。審査発表。

 最優秀賞:
   大沼「ひきなかへしそ~悲哀白虎五人男」
 優秀賞一席:
   県立石川「短歌劇グレートポテトソング~鬱の生徒と教師グレートポテトになる~」
 優秀賞二席:
   いわき総合「Oh,Happy Days.」
 優秀賞三席:
   あさか開成「ねこはしる」

 大沼は来年8月の全国大会に推薦され、県立石川、いわき総合、あさか開成の3校は12月の東北大会に推薦されました。ざっと見てどの作品もタイトルが魅力的だなぁ。大沼高校はおととし東北大会に進んだとき、たしか会津地区の学校が東北大会に進むのは約30年ぶりだとか聞きました。その2年後にこんどは全国大会。すごいなぁ。おめでとうございます。劇場ロビーで雅通先生が胴上げされているの見つつ、私は退出。会津若松駅まで歩いて、高速バスで東京に戻ります。大量の仕事が東京で私を待っている。ううう。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-29 02:00 | 演劇一般

心の糸

 朝。会津風雅堂までのんびり歩く。福島県大会の2日目を観ます。午前は福島西「お願いだから止めないで」、須賀川桐陽「ゲルニカ」の2作品。午後は原町「Baby in cradle.」、福島東稜「リストラクション」、大沼「ひきなかへしそ~悲哀白虎五人男」、郡山商業「ホット・チョコレート」、小名浜「七夕」の5作品。計7作品を楽しく観劇。石原哲也さん中原くれあさん伊藤大さんの幕間講評も楽しむ。小名浜高校の講評が終わったのがちょうど午後8時。1日7本はたいへんだなぁ。顧問研修会に誘っていただいたのですが、体調があまりよくないため今夜は遠慮してホテルに戻る。ちょっと喉が痛い。大町通りの薬局で風邪薬を買う。NHKドラマスペシャル「心の糸」の谷村美月のセリフに感動する。再放送を激しく希望。(はやし)

 私たち(ろう者)にはできないことが3つある。
 聴くこと。しゃべること。無限の夢をもつこと。

 しかし私たちにはできることが3つある。
 目で聴くこと。手でしゃべること。現実のなかに夢を見つけること。
[PR]
by futohen | 2010-11-27 22:29 | 演劇一般

お城ボくん

e0008016_2255382.jpg 朝から自宅で書類仕事に没頭。ある程度の目処が立って、気持ちのつかえがとれました。よかったよかった。新幹線と磐越西線を乗り継いで会津若松入り。写真は鶴ヶ城がモデルのキャラクター「お城ボくん」。会津若松は約2年ぶり。駅前の会津サティがなくなっていてびっくり。ちょっと熱っぽく、喉もいがらっぽい感じが消えない。明日あさっては高校演劇を観つつ、頭と体を休めよう。本当は今日から観たかったですが、仕事が進んだし、無理はできないし、まぁこれでよかった。筑紫哲也の「若き友人たちへ」(集英社新書)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-26 23:03 | 表現活動一般

就活の前に

 午後。コミュニケーション研修のオブザーブ。おもしろい。終了後はダッシュで移動し、池袋の小劇場で「高校演劇サミット」のチラシ折り込み。夜。アゴラで年に一度の演出部ミーティングが4時間。雨に降られながら自転車で帰宅。今夜中に提出予定の書類が2件。明日は4時半起きで会津若松に福島県大会を観に行く。・・・予定だったんですが、こりゃ朝一は無理だなぁ。仕方ない。中沢孝夫の「就活の前に」(ちくまプリマー新書)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-26 02:13 | 演劇一般

風邪か

 朝、芸術家NPOの設立総会に出席。途中で退出して高校にダッシュ。特別講師をお願いしたハタさんと授業の打ち合わせ。見学者のシミズくんとも合流して午後は演劇の授業。コージーの戯曲を使った自主稽古。夜はterraceの定例ミーティングに出席。・・・の予定でしたが、江古田の事務所に向かう地下鉄のなかで体調が悪化。電車に乗っていられず、東中野駅のホームで体を休めるが、回復せずに引き返す。申し訳ない。自宅で3時間ほど寝たら多少楽になる。これから先週の木曜が締め切りの原稿書きに着手。いろいろ辛い。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-25 00:16 | 演劇一般

強そうな生き物が迫る

e0008016_232109.jpg 今日は10ヵ月ぶりの「俳優を目指さない演劇ワークショップ」でした。楽しく4時間。ご参加くださったみなさん、お疲れさまでした。個人的には『ブラタモリ』ができてよかった。写真は強そうな生き物が弱そうな生き物に迫ってくるところ。なるべく早くレポートの準備をします。どうぞお楽しみに。次回は1月下旬の予定です。日付が確定したらご報告します。年内は今日が最後ということだ。2010年は2回しかやれなかったなぁ。来年はもっとやりたいです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-23 23:25 | ワークショップ

比較的、楽な一日

 朝からコミュニケーション研修の打ち合わせ。時間が空いたので、お昼の銀座を散歩する。午後、下北沢の小劇場で「高校演劇サミット」のチラシ折り込み。内田樹の「疲れすぎて眠れぬ夜のために」(角川書店)を読む。明日のワークショップの準備をしなければ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-22 20:57 | 表現活動一般

香川県大会

 昨日今日の2日間、香川県大会でした。綾歌総合文化会館アイレックス大ホールにて。私は音楽座ミュージカルの五十嵐進さんと一緒に審査員を務めます。五十嵐さんとはつい先月、東京の中央地区大会でも審査をご一緒したばかりですよ。なんたる偶然!

 昨日は琴平「映画研究部の夏」、丸亀城西「夢追い人」、香川中央「キミの持ち物」、坂出「てんぷら」、観音寺第一「いつかのクラス通信」、善通寺第一「恋模様」の6作品を楽しく観劇。夜は高松市内で顧問研修会が約3時間。今日は三木「学園地獄」、観音寺中央「発ちましょ二人でたちつてと」、丸亀「たんさんすい」、高松「未完-MIKAN-」、高松工芸「Stick Out」の5作品を楽しく観劇。上演各校のみなさん関係者の方々、お疲れさまでした。壇上から全11作品の講評。五十嵐さんと相談して、次の3作品を四国大会に推薦しました。

 教育長賞(上演順に):
   坂出「てんぷら」
   丸亀「たんさんすい」
   高松工芸「Stick Out」

 飛行機の時間が迫っていたため、講評が終わって幕が降りたらすぐに高松空港にダッシュ。閉会式(審査結果発表)を見届けていません。そんなのは初めてのことで、悔しいような申し訳ないような。結果発表に対する会場の反応を見届けることで、審査員の責任の甚大さを受け止める義務が審査員にはあるはず。逃げたみたいで後ろめたいです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-22 01:02 | 演劇一般

若者はなぜ

 午後。羽田から高松空港に飛ぶ。今日の羽田はなぜか大混雑。手荷物を預けるのに40分も並びました。今夜は栗林公園の近くのホテルに泊。明日から重責を担います。

 渡邉正裕の「若者はなぜ会社選びに失敗するのか」(東洋経済新報社)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-11-20 00:45 | 演劇一般