あゆみ、続く

 急な事情で名古屋に戻っています。国立劇場の2日目には行けませんでした(Oくん、申し訳ない)。東京も毎日暑いけれども、名古屋の暑さはひとしおです。昨日の今日なので、弘前中央高校の「あゆみ」のことを考えます。特にあのラストシーン。最後の一歩を踏み出したあとのあゆみはどうなったのか。国立劇場のあの広大な舞台には、光で限られた空間とそれ以外のもっとずっと広い空間とがありました。光の空間を歩き切ったあとは、そのままもっと広い空間を元気に歩き続けてほしいものです。そういうものであってほしいな。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-29 23:26 | 演劇一般

あひる

 午後。全国大会の優秀校東京公演を観に、国立劇場へ。日本音楽、郷土芸能、演劇のそれぞれ優秀校の上演を堪能。私の目当てはやっぱり演劇。前橋南高校の「黒塚Sept.」を観るのは3回目です。序盤の「鳴らない携帯」が効いている。俳優もみんな上手です。幕間インタビューのときの受け答えにも好感が持てました。今回の作品そのものが優れているのはもちろん、あの伝説の「姨捨DAWN」にはじまる3部作、そして部活動の全体が賞を授かったかのような印象を受けました。弘前中央高校の「あゆみ」を観るのも3回目。毎回「G線上のアリア」のシーンでは泣いてしまう。ラスト近くの、あひるさんややぎさんのシーンが私は好きです。2月の作品ではねずみとうさぎでしたね。動物が多いね。あれもよかったなぁ。

 夜。下北沢駅前劇場にて。あひるなんちゃらの「UFOcm」を観劇。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-28 23:32 | 演劇一般

すげぇ率100%

e0008016_213179.jpg
 今日も朝から内町小学校でワークショップ。生徒たちと一緒においしい給食をいただく。ぽっかりと時間が空いたので、歩いて白水阿弥陀堂にお参りに行く。国宝です。「茶凡」というおいしい喫茶店に立ち寄る。川沿いの小道を気分よく歩く。途中、なぜか道なき道に入り込んでしまう。草を分けて歩いた揚句、引き返す。なんだか夏休みっぽいことをしているなぁ。駅に向かう道で道端ににわとりを見つけ、「わ、すげぇ!」と全員が言った。すげぇ率100%だ。昨日今日とすごいものはいろいろ目にしているのに、100%はにわとりだけ。夕方のスーパーひたちで帰京。上野まであと20分というところで、人身事故のため48分も足止めを食う。

 中島京子の「エ/ン/ジ/ン」(角川書店)を読む。他のも読んでみる。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-28 00:06 | ワークショップ

小名浜ドライブ

e0008016_2393115.jpge0008016_2310307.jpg










 朝4時半おき。上野発7:00のスーパーひたちでいわき市入り。今日はいわき市立内町小学校で演劇ワークショップ。生徒たちと3ヵ月ぶりの再会。お昼はおいしい給食をいただく。午後はぽっかり時間が空いたので、みんなで湯本温泉に行く。「さはこの湯」を満喫。そして小名浜方面にドライブ。海水浴場で青春っぽい時間をすごす。今夜はいわき泊です。ヤマニ書房で「報知高校野球」を買う。夜のミーティングの後は「じゃがいも」で辛い辛いコロッケカレーを食べる。なんと楽しい一日なのだろう!(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-26 23:18 | ワークショップ

ジョニーが凱旋するとき

 朝。森下スタジオにて。「創造型劇場の芸術監督・プロデューサーのための基礎講座」を受講。これまでサテライトで受講していましたが、実際にライブで受講するのは初めて。今回の講師は畑澤さんです。テーマは「地域での活動/高校演劇」。ノートにたくさんメモをとりました。また受講者の面々の充実ぶりにもおどろいた。畑澤さんのお話は本当におもしろい。自身の体験をわかりやすく、おもしろく、自分にしか語れない語り口で語れる魅力的な話者といえば、そりゃもう私の古い芝居仲間の江尻浩二郎くんが私にとってはダントツで1位なのですが、畑澤さんのターボのかかったときの語り口は江尻くんに近いものを感じます。

 夜。池袋シアターグリーンにて。劇団昴ザ・サード・ステージの「イノセント・ピープル」を観劇。これはすごい。この作品は何らかの賞を受けるのではないか。「ジョニーが凱旋するとき」は私にとっては「世捨ての唄」です。私の魂を奪ってどっかに行ってしまった15年前の「世捨て組合、見参!」の主題歌。私はあれ以来「やる演劇」をあれほどの入魂度でやれていない。私は15年も凱旋していない。今夜は曲でいきなり持って行かれました。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-26 00:30 | 演劇一般

芸団協セミナー

 朝。JR青梅線で羽村へ。都立羽村高校の演劇部にお邪魔しました。演劇部の稽古を眺めているのは楽しい。多摩北地区では今季8本しかない生徒創作作品。期待しています。

 夜。西新宿の芸能花伝舎にて。芸団協主宰の「演劇と教育」セミナーにゲストスピーカーとして出席。サブタイトルは「~高等学校における演劇の授業の実際と課題~」です。私はつばさ総合高校における演劇の授業の実際と課題について10分ほど喋りました。いろいろな方とお話もできてよかったです。終了後は石井先生たちと気持ちよく飲む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-25 01:53 | 演劇一般

芝居は芝居のためだけに

 いまマキノノゾミの「東京原子核クラブ」(ハヤカワ演劇文庫)を読んでいます。(私は90年代にたしか文学座のアトリエで観た覚えがあるんだけど、気のせいかしら)。谷川という人物の「いいか、芝居はな、いつだって芝居のためだけにあるんだ。それ以外に何の役にだって立っちゃいけねえんだッ。」というセリフが、私の腹にドンッと来た。これは効いた。

 夜。千歳船橋のAPOCシアターにて。ガレキの太鼓の「吐くほどに眠る」を観劇。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-24 00:46 | 演劇一般

におうひと

 午後。こまばアゴラ劇場にて。劇団野の上の「臭う女」を観劇。

 その足で渋谷のぴあスポットに、国立劇場のチケットをもらいに行く。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-22 22:35 | 演劇一般

恋のダイヤル

 朝から筑駒へ。教員免許状更新講習会「演劇の専門家とつくる教室」の本番です。受講者は23名の先生方。遠くは大阪からいらっしゃった方もいます。午前中は13名の筑駒生もまじえ、ざっくり言えば対人コミュニケーションにフォーカスしたワークショップを3時間。午後はファシリテーションにフォーカスしたディスカッションやグループワークを5時間。なんだかカタカナだらけだ。きっと旧来、日本ではあまり意識されていなかったことなのでしょう。少しずつでいいからこれらをひらがなや漢字の言葉に変換して(←比喩ですよ)馴染ませていきたいものです。猛暑のなか8時間の長丁場。ご参加くださった先生方、お疲れさまでした。

 興南高校、春夏連覇。春も夏も対戦相手はビッグネームばかりです(関西、智弁和歌山、帝京、大垣日大、日大三、NARUTO、明徳義塾、仙台育英、聖光学院、報徳学園、東海大相模)。完全優勝といっていいのでは。その割に大会が盛り上がらなかったのは、ライバル校がいなかったためでしょうね。98年横浜にとってのPL学園、87年PL学園にとっての帝京、83年池田にとっての中京、79年箕島にとっての浪商、みたいな存在が今年の興南にはなかった。この大会でいちばん印象に残っているのは成田高校の応援です。ブラスバンドがフィンガー5の「恋のダイヤル6700」を演奏していた。あれ、かっこよかったです。(はやし)

 デンデンデデン、デンデンデデンデン、デンデンデデン、デンデデデデン! おぅ!!
[PR]
by futohen | 2010-08-22 10:56 | ワークショップ

前日というより翌日

 朝から駒場で教員免許状更新講習会の打ち合わせを3時間半ほど。本番は明日です。そうかぁ、明日かぁ。私の感覚としては、今日は「免許WSの前日」というよりもまだ「キッズフェスタの翌日」です。体の疲れがゼンゼン抜けていないし、喉も涸れたままです(喧騒のなかで鬼ごっこを進行すると、てきめんに喉がやられます)。しかも去年の免許WSは2時間でしたが、明日は8時間。内容の充実はすばらしいですが、私の体力がもつかなぁ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2010-08-20 21:51 | ワークショップ