「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー

<   2009年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 朝から近鉄で四日市へ。四日市市文化会館にて。今日は全国大会の1日目です。県立川之江(愛媛)「ふ号作戦」、作新学院(栃木)「ピチカート!」、県立倉敷鷲羽(岡山)「ゴトーを待ちながら」、県立加古川東(兵庫)「お通夜」、県立飯野(三重)「部活戦グラデーション~Can you help me?~」の5作品を鑑賞しました。「ピチカート!」の舞台装置にはやっぱり感心。自動販売機の裏側が見てみたいです。「お通夜」はきちんと演出されているなぁという印象です。先生を布団に寝かせるシーンやラストの音効など。上手だなぁ。「部活戦グラデーション」は県大会のときとはずいぶん印象がちがいました。城崎さん(女子)の名前を「透」とした理由がやっぱり気になります。作者のどんな願いがこの文字に?(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-31 23:05 | 演劇一般

矢場とん

 午後。愛知県美術館にて。「アーツ&クラフツ展」を鑑賞。サブタイトルが「ウィリアム・モリスから民芸まで」。私は「民芸」というジャンルを今日初めて認識しました。こんど駒場の日本民藝館も見学してみようと思います。栄から矢場町まで足を伸ばす。初めて「矢場とん」の味噌カツを食べました。たしかにおいしい。でも名古屋市内にはもっと美味い味噌カツを出すお店があるはずだと思う。探してみるか。それにしても今日の名古屋は暑かったな。

 「北村薫の創作表現講義」(新潮選書)を読了。早稲田大学での北村薫の授業を書籍化したもの。いい授業だなぁ。付箋を貼りまくり。歌人の天野慶はチェックします。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-31 00:26 | 演劇一般

いかにも演劇部員

 朝から池袋にて、来週の高校演劇講習会の打ち合わせ。話しながら、方向性が見えてきました。ひとりで考えているときはずっと悶々としていた。「話す」というのは効果が大きいな。「いかにも演劇部員」という特徴があるなら、それは何か。考えたい。「演劇と教育」のバックナンバーを3年分ほど熟読。今日は5時間ぐらいジュンク堂にいたんじゃないかしら。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-30 00:10 | 演劇一般

中京大中京対愛工大名電

 朝。明治大学のリバティアカデミー。今日が6回目です。神保町の駅からアカデミーコモンに抜ける近道を発見。「山の上ホテル」は本当に急な坂の上にあるのだなぁ。講師の私が言うのも変だが、毎週火曜の朝にこの講座に通うことが私の生活に馴染んできました。朝のBGMを選ぶのも楽しい。あと4回ですね。楽しく演劇をして楽しく終わりましょう。

 あ! 似顔絵のことを聞くのを忘れた!

 午後。下北沢の劇場でチラシの折り込み。8月ワークショップのチラシ折り込みはこれが最後。あとは参加の申し込みを待つのみです。8月8日です。会場は小田急線の祖師谷大蔵です。恒例の「俳優を目指さない演劇ワークショップ」です。興味のある方、遠慮なさらず!

 ところで。高校野球。愛知県大会の準々決勝。「中京大中京15対0愛工大名電(5回コールド)」。結果だけネットで知りました。どうしてこんな試合になったの?(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-28 23:23 | ワークショップ

ひとがた流し

 午後。江古田にて。terrace の定例ミーティング。2009年度下半期のワークショップについて。今年は仕事の量がすごいことになっている。私も最大限チームに貢献したい。神奈川県の高校演劇講習会の申し込み人数を知っておどろく。神奈川県はすごいなぁ。そんな大人数の仕事、私は経験がない。ちょうど同じ日程で別の県の講習会講師を務めるため、私は神奈川県は担当しません。前後にずれていたら私は喜んで両方かけもちしたのになぁ。

 北村薫の「ひとがた流し」(新潮文庫)を読了。朝日新聞に連載されていたもの。「第三章 道路標識」は読み応えがありました。全編を一気に読んだのは失敗だったかしら。それだと後半の展開が速い。やっぱり毎日少しずつ読むのが、新聞連載小説の正しい読み方なのだな。少し読んで、次に読むまでの間、いろいろ想像を働かせるのがいいのだ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-27 23:46 | ワークショップ

仕事学

 朝から南文化小劇場へ。名古屋第三地区大会を観ます。今日が最終日。愛知みずほ大学瑞穂「Making of 『赤い日々の記憶』」、県立瑞陵「女子寮残酷物語~そして誰かいなくなった~」、市立若宮商業「空は悲しいほど綺麗だった」の3作品を観劇。交流会の「忘れられないあのシーン」はおもしろい企画ですね。60分間堪能。東海学園、市立緑、大同大学大同の3校が県大会に進みます。地区大会を観るとやっぱり県大会も観たくなるなぁ。

 「藤田晋の仕事学」(日経BP)を読了。やっぱりコメダ珈琲店は読書に最適。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-26 22:57 | 演劇一般

文七元結

 今日も朝から名東文化小劇場へ。名古屋第一地区の4日目。市立中央「コンクリート・フーガ」、南山「夏芙蓉」、愛知「文七元結」の3作品を観劇。愛知はさすがですね。曲選びのセンスがいいなぁ。イン・アウトのタイミングやボリュームにも細かなこだわりを感じました。役者の演技もいいですね。特に女子。3人とも存在感がありました。お久がなかなか喋らないのがいいな。どんな声なのか、長兵衛にどんなことを言うのか、わくわくしました。

 淑徳、市立中央、愛知の3校が県大会に進みます。県大会、観たいなぁ。

 夜。大須の七ツ寺共同スタジオにて。少年王者館の「夢+夜(ゆめたすよる)」を観劇。劇団初見です。客席超満員。上演時間50分。開演からドドドンと畳み掛ける。南河内万歳一座のようでもあり、維新派のようでもある。よくわからないまま、勢いで煙に巻かれてしまった感じ。あの「吉田手肛学院」の看板が気になる。生徒になにを教える学校なのかしら。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-26 01:05 | 演劇一般
 午後。上社の名東文化小劇場にて。高校演劇の名古屋第一地区大会を観ます。朝の高速バスで帰名。愛知県の高校演劇を観るのは初めてです。この地区大会には私の母校もエントリーしています。でももう上演は終わっちゃったのね・・・。残念。今日は大会の3日目です。東邦「恋愛戯曲」、市立名東「Calling」の2作品を観劇。幕間討論も楽しみました。演出担当者の1分スピーチ、おもしろいな。きっと緊張するでしょうね。生徒講評委員会があるのはすごいなぁ。県の大会でもあまり見ないですよね。地区大会では初めて見ました。市立名東の「Calling」は設定がおもしろいですね。創作作品ならではの魅力を感じます。

 長嶋有の「ジャージの二人」(集英社文庫)を読了。柴崎友香の解説に感心。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-24 23:33 | 演劇一般

柴さんの「あゆみ」

 午後。目黒区のパーシモンホールにて。柴さんのワークショップを見学。5日連続ワークショップの今日が2日目。日曜日の発表会の演目が発表されます。「あゆみ」をやるそうです。これには興奮。私は「あゆみ」を4回観ました。長久手の劇王で1回。アゴラで2回。トラムで1回。大好きな作品です。そして、この作品を高校生がやれば、きっと高校生がやるからこその輝きがあるだろうなとも思っていました。それがこの日曜日に実現します。要注目どころか、これは必見です。中学生高校生16名の「あゆみ」です。「みんなでひとつの役を作っていくお芝居です」という柴さんの説明にも胸を衝かれる。役の受け渡しがうまく行くと、登場人物がいきいきと動き出す。稽古を見ていて、何度もぐっと来ました。ありがとうございました。

 夜。教員免許の更新講習プロジェクトのミーティング。2月から動き出して、今日が10回目のミーティングです。メンバー各人がそれぞれプログラムを考えてきて、それのプレゼン大会。いやぁ、今夜は手応えがありましたね! 次回はお試し会。楽しみです!

 佐々木昭一郎の「創るということ」(JICC出版局)を読了。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-24 01:29 | 演劇一般

19×11

 午後。目黒区内にて。柴幸男さんのワークショップを見学。中学生と高校生を対象としたものです。私は柴さん作品のファンなので、今日は諸々たくさん勉強になりました。前から思っていましたが、柴さんの作品や作風は高校生にきっとフィットすると思います。柴さんがティーンエイジャーたちと作る作品には期待大です。日曜日の発表会は要注目ですよ。

 元祖爆笑王の「漫才入門」(リットーミュージック)に目を通す。専門学校東京アナウンス学院でおこなわれた授業を書籍化したもの。ボケの種類は19種類もあるんですね。ツッコミにも11種類ある。19×11=209種類もの組み合わせが可能なんだな。1本のネタのなかに、なるべくバラエティ豊かなボケとツッコミを混ぜたほうがいいそうです。ツッコミの1種の「一刀両断」というのがどういうツッコミなのかちょっとわからない。でも仮にどんなボケをかましてもぜんぶ一刀両断されてしまったら、観客はボケ役の人に同情しそうな気がする。あと「下ネタには乗りツッコミはしないほうがいい」そうです。そんな鉄則が。(はやし)
[PR]
by futohen | 2009-07-22 21:48 | 演劇一般