<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「女子高生ララバイ」

 たまっていた書類仕事にようやくケリを付けて、午後から蒲田へ。高校演劇の山手城南地区大会を観劇。会場は日本工学院専門学校のホールです。家を出たのが遅かったのと、蒲田駅で来週の東北新幹線の予約を取ったりしたのとで、会場到着は午後3時。結局アタマからちゃんと観られたのは、上演順が最後だった都立桜町高校の作品だけでした。

 で、これがなかなかよかったのですよ!

 会場はほぼ満席。幕が下りた途端、客席は騒然となりました。「やべー!」「やばいよー!」とあちこちで口々に言っている。みんな他校の演劇部員たちなんでしょうね。実際、私もすっごくおもしろかった。審査員の方々の講評も、非常に好意的なものでした。ほぼ絶賛と言ってもいい。都立桜町高校演劇部の「女子高生ララバイ」、都大会でも観られるかなぁ。

 あまりネタばれになるようなことは書けないね。私がいちばん感心したのは、黒板の使い方かなぁ。授業のシーン。「食物連鎖」を説明するために、黒板にチョークで大きな三角形を描く。横線で区切って、ま、よくあるヒエラルキー図を示すわけです。その後、シーンは飛躍して「アルプスの少女ハイジ」になるんだけど、そのとき、三角形の両脇に同じような山型をささっと描いて、アルプス山脈に見立てるんですよ。ささやかだけど鮮やかだと私は思った。そういうちょっとした知恵の使い方が私は大好きなんです。そしてハイジが極度の飢えのあまり○○○○○を×××××してしまうという驚愕の展開が待っているのですが、ここでもきちんと「食物連鎖」を踏まえている。アルプスとヒエラルキーがちゃんと重なっているんだなぁ。

 いい作品を観て、今日はとっても気分がいい。ブックオフでハードカバーの本ばかり、5000円分も買っちゃいました。リュックが一気に重くなってしまった。でもいいんです。自分のためだし。仕事のためだし。9月はがんばったし。気分がいいし。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-30 21:20 | 演劇一般

部活のヒント

 午前中から駒場でワークショップ。アゴラ劇場の駒場ではなく、浦和レッズの駒場です。会場とスタジアムは目と鼻の先なのだ。参加者は107名です。100名超の参加者を私がひとりで進行するのです。自分にびっくりだなぁ。参加者は全員、浦和地区の中学校の演劇部員。近隣の演劇部員同士の交流をはかることと、普段の部活のヒントをたくさん見つけてもらうのが今日のテーマでした。ちなみに前述のとおり、107名のうち106名が女子。

 なるなる : おはようございます!
 107名の中学生(うち106名が女子) : おはようございます!
 なるなる : 林成彦です。「なるなる」と呼んでください。いいね。じゃ、いくよ。せいの!
 107名の中学生(うち106名が女子) : ・・・なるなるー!

 こんな始め方をしたのは初めて。80年代のノリですね。「夕焼けニャンニャン」とかの。案じていたほど、ヒかれませんでした。むしろあれで雰囲気を作れた気がします。やってよかった。今日はのっけから快調、お昼休みを挟んで5時間、素敵なワークショップでした。楽しかったし、私も得るものが多かったです。部活のヒント、たくさん見つかったかな?

 9名の顧問の先生方との振り返りを終えて、のんびりと浦和駅方面に歩きます。すっごく気分がいい。今日はそんな暑くもない。雨は止んでいる。浦和のマチを歩くのは初めてでした。古本屋さんやらコーヒー屋さんやら、よさそうなお店がありますね。道の具合が素直じゃないのもいいな。浦和のマチはまた歩いてみたいです。新しいお気に入り。

 帰りの京浜東北線でアンケートを熟読。なにせ107枚ありますからね。どうやら好評のようです。よかったー。「なるなる最高」と書いてくれた生徒諸君。10年後、君たちが23、4歳になっても同じことを言ってもらえるように、なるなるは精進するよ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-29 21:23 | ワークショップ

 浦和で打ち合わせ。中学生100名ワークショップです。中学生相手の仕事はいつも手を焼きます。男子の自意識やら序列意識やらになかなか切り込めない。今回もきっと苦戦するんだろうなぁ・・・と、覚悟を決めていた。そしたらですよ。なんとなんと。男子の参加者は「1名」なんだそうです。100名のうちの1名ですよ。あとは全員女子なのだ。男女比1対99。そこまで極端なものかぁ。それはそれで、なんだかすごい気もするなぁ。ま、せっかく縁あっていただいた仕事ですので、誠心誠意、私自身も楽しくやりたいです。よろしくお願いします。

 帰りの京浜東北線の車内で「16歳 親と子のあいだには」(平田オリザ編著)を流し読み。岩波ジュニア新書です。仕事柄、16歳ぐらいの年代に興味があったのと、こうして大人が16歳のころ(の親との関わり)を振り返って語るのって、ワークショップとしておもしろいかもなと、そんな興味で手に取った本です、ブックオフで。

 で。自身の16歳のころを振り返っている一人に上田仮奈代さん(「仮」は本当は旧字を使う)がいます。私はこの人を知らなくて、誰かしらと思いプロフィールを見たら、橋口譲二さんの写真集「17歳」の被写体になった人なんだって。ひゃああ。写真集が手元にないのでアレだけど、いちばん最後の写真の人かなぁ。いまは「詩人」で、92年から詩のワークショップをなさっているんだそうです。俄然、興味が湧いてきました上田仮奈代さん!(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-27 23:54 | 演劇一般

都立高校の授業

 立て込んだ仕事でアタマがいっぱいいっぱいの状態のまま学校へ。講師としてはいささか心許ない授業ぶりだ。申し訳ない。でも個人的には今日の授業は快適なものでした。

 やっぱり先日、文化祭に行ったことが大きく影響している。あの日一日で、たぶん20名ぐらいの生徒と言葉を交わしました。言葉を交わしたったって、みんなほんの一言二言です。でもその一言二言のやりとりが千金に値している。授業とはちがって、私は講師の一人ではなく、ただの見学客だったし、生徒たちも「いつもの生徒たち」の一人ではなく、ただの高校生でした。そういう単なる一個人としての一対一の会話って、授業に通っているだけでは機会がありません。そしてそういう会話って、関係を広げる気がする。ほんのちょっとね。

 なんだか楽だ。そう、今日は楽だったのでした。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-26 23:34 | 演劇一般

岩手山が見える

 盛岡の開運橋からの眺めです。
 川はもちろん北上川。
 雲がかかっていない岩手山を見るのは今年初めてです、私は。
 もう15年も前、この川原で小田実の「何でも見てやろう」を読みました。
 なんだか雄大な気持ちになったことを覚えています。
e0008016_2139344.jpg
 今日のはなかなか充実したレッスンでした。
 レッスンが充実するほど、レッスン生の人となりもよくわかってきます。
 そんな当たり前のことを、今日は再認識したなぁ。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-23 21:41 | 演劇一般

房総ワークショップ4

 今日も豊かで穏やかなワークショップだったなぁ。こう、みなさんの思い出や、思いについてのお話を聞いているのが本当に楽しいです。キセルや、桃や、日記帳や、コンパクトや、その他いろいろ。大切な物にまつわるお話を、たっぷりと味わいました。堪能しました。ありがとうございます。進行役のあかぎさんに、ずいぶん気を遣っていただきました。感謝感激です。どうも私は素直な感情表現が鈍くていけない。もっと精進します。

 写真はワークショップとは関係ないです。
 私の姪です。
 生後まだ40日ぐらい。
 あまりの美貌に伯父さんはおどろいています。
 ・・・おどろきませんか?

e0008016_21525443.jpg
 次に私が房総ワークショップに行くのは12月です。3ヶ月も先なんだ。もう季節がひとつ移っちゃった後だね。みなさん、またお会いしましょうね。そしてその頃、私の姪はどんな顔をしているのかな。元気な顔を見たいし、私も元気な顔を見せるぞ。あちこちで。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-22 20:24 | ワークショップ

軽井沢ドライブ

 軽井沢の空は抜けるように青かったっす!
 その空の色とよく似た色のTシャツを買いました。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-21 20:51 | その他、バスケット項目

 ジャブジャブサーキットの公演。下北沢ザ・スズナリにて観劇。今日が初日です。来週の月曜日まで。いまが公演真っ最中ですので内容には触れません。ただひとつだけ。

 私は受付の手伝いもしましたので、かなり早く劇場に入ったのです。チラシ類を整理して、客席に並べたりする。そのとき舞台をふっと見ますと、舞台上にたくさん設置された黒板に、劇団員の方々が黙々とチョークで書き込みをしています。その様子が、眺めていて妙にかっこよかったんですよ。開演時にはすでに書き込みが完了しているわけなんだけど、惜しいなぁ。あの書き込みをしている様子が、お客さんの目にも触れればいいのにね。

 時間を盗んで、I(アイ)さんとじっくりお話。高校演劇について、特に審査をする心構えについてたくさんお話をうかがうことができました。いやぁ、興味深い! いつもお世話になっています。今日はたくさんお話ができてうれしかったです。ありがとうございました。

 日中、私はチラシを3000枚折り込みました。「3000枚」という数字にびっくりしてください。大変なんす。持ち運ぶだけでも、ぐったりです。今日は暑かったしね。この労力がぜひ報われてほしいです。チラシをご覧になった方、どうぞワークショップに遊びにいらしてね。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」です。お申し込み、お待ちしています。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-21 00:12 | 演劇一般

参加者募集中です!

 「俳優を目指さない演劇ワークショップ」です。こんどは10月6日(土曜)です。どうぞ奮ってご参加ください。お申し込みをお待ちしています。今日は午前中に東京に戻り、午後からチラシの折り込みを2件かけもち・・・。それのためだけに早起きして名古屋から帰ってきたのだ。じつは今月はいつもほど宣伝が進んでいないのです。チラシをご覧になった方、どうぞワークショップにおいでくださいね。楽しくにぎやかにやりましょう。

 今日「参加のしおり」を作りました。いまから投函しに行きます。「しおり」を作ったということは、イコール「今回のアシスタントが決まった」ということです。思ってもみなかった人選で、私はすっごく喜んでいます。本当よ。このブログを見ちゃいないとは思うけど。反対に、このブログをご覧の方には、誰がアシスタントなのか簡単にわかっちゃいますね。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-19 23:09 | ワークショップ

近鉄の7時間

 「伊勢うどん」というのを初めて食べました。一見してびっくり! 漆黒のうどんつゆ。本当にまっ黒なんですよ。月見を頼んだら、まさに暗い夜空に満月が浮かんでいました。あの味付けの濃さは、名古屋の味噌煮込みうどんとどっこいどっこいだ。おいしかったなぁ! 500円。

 午後から久しぶりの大阪です。今日の大阪は暑(あっつ)いなぁ。梅田から扇町公園まで歩いてみました。ううう。公園でしばし立ち尽くす。もう扇町ミュージアムスクエア、影も形もないんですね。私の大好きな南河内万歳一座は、いまどこで稽古しているんでしょう。

 黒門町の市場のなかに「パジャマラマ」というお店があります。屋台みたいなお店。ここがすっごくおいしいカレーを出すんです。「すじねぎカレー」。牛のスジと刻みネギが入っているの。これが、もー、絶品の味です。ホント、これを食べるためだけに大阪まで行ってもいいです。大阪在住の方、まだでしたらぜひ! この味で690円はかなーり安いですよ。

 梅田から難波に出たのは近鉄に乗るためです。新幹線じゃなくて、近鉄特急で名古屋に戻る。私はこれをぜいたくだと思ってますが、意見は分かれるかもね。名古屋まで2時間20分かかるから。今日は名古屋→伊勢→大阪→名古屋と、一日で近鉄電車に7時間近く乗りました。近鉄を満喫。往復の車内で金城一紀の「映画篇」(集英社)を読了。この作家のベスト作品ではないです。でもいい。私はこの作家のファンなんだなー。(はやし)
[PR]
by futohen | 2007-09-18 21:59 | その他、バスケット項目