2013年 05月 27日 ( 1 )

島へ免許を取りに行く

 星野博美の「島へ免許を取りに行く」(集英社インターナショナル)を読む。「まるで20年前の自分と二人旅をしているみたいだ」の一文が刺さる。そういうことはたしかにある。私はずっと星野博美の書くもののファンでした。とっても知性的で、ユーモアと程よい屈託があり、嫌味がない。お師匠さんの橋口譲二の書くものも好きです。また何か共著の本が出ないかしら。

 DVDで大森立嗣監督の映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」を鑑賞。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-05-27 10:12 | 表現活動一般