「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー

2013年 05月 16日 ( 1 )

東日本と西日本の境い目

e0008016_0405228.jpg 朝。ホテル近くの公園をお散歩。ホテルの食堂で朝カレーを食べつつテレビを眺めていたら、「はなまるマーケット」に恵泉女学園大学の先生がゲストで出演していて、びっくり。先生はこうして薬丸裕英や岡江久美子とテレビで共演したちょうど24時間後に、学生たちと一緒に私の演劇ワークショップを受けるのだなぁ。たまにテレビを見ると発見があっておもしろいな。出張したときは必ずテレビを見よう。図書館で仕事の資料を読みこむ。

 午後。一番街の「伊勢志摩食堂」でランチのブラックカレーを食べる。おいしいけど、ちょっと栄養が足りない。服部さんの車で内部小学校まで運んでいただき、キャリア教育研究協議会の先生方を対象に演劇ワークショップ。あっという間の90分。終了後、四日市市内を少しドライブ。近鉄で名古屋に出る。四日市は地理的にはこんなに名古屋に近いのに、方言的には名古屋よりも大阪に近い。「だめ」という意味で、四日市では「あかん」と言います。名古屋では「いかん」です。この違いは大きくて、きっと名古屋と四日市の間には東日本と西日本の境い目があるんでしょうね。

 名駅四丁目酒場の「麺屋ごりまる」で肉まるラーメンを食べる。おいしかったし、疲れがとれました。新幹線で帰京。佐野眞一の「津波と原発」(講談社)を読む。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-05-16 00:49 | ワークショップ