「ほっ」と。キャンペーン

 不等辺演劇倶楽部、林成彦です。世田谷からタテにヨコに。アートで「世界」を目指します。「俳優を目指さない演劇ワークショップ」の情報はこのブログから発信します。


by futohen
カレンダー

2013年 05月 06日 ( 1 )

兄 かぞくのくに

 今日がいよいよ「春の高校演劇スペシャル」の最終日。武蔵村山市民会館にて。都立東久留米総合「ガラスの靴を脱ぎ捨てないで」、都立武蔵野北「159.8」、成蹊「∴(ゆえに)」、都立東村山西「鋼の雪」、都立片倉「贖-アガナイ-」の5作品を楽しく観劇。堀江辰男さんと私で講評。上演校のみなさん、お疲れさまでした。終了後は立川で顧問の先生方と楽しく打ち上げ。「リア獣」はぜひとも秋の地区大会で上演していただきたいです。

 ヤンヨンヒの「兄 かぞくのくに」(小学館)がすばらしい。悲しい。ヤンヨンヒ本人が監督した映画「かぞくのくに」もよかったですが(ちなみにキネマ旬報の2012年日本映画ベスト・テンの第1位です)、私は原作のほうがずっと優れていると思います。映画で井浦新が演じた役は三男のケンちゃんだったんですね。イメージとしてはてっきりコノ兄かと。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-05-06 01:33 | 演劇一般