サイタマノラッパー2

 午後。高校の演劇の授業。去年と講師陣の顔ぶれは同じだし、プログラムも同じだし、場所も同じだし、生徒の人数も同じ。なのに生徒の顔ぶれが変わるとこうも授業の雰囲気やら感触やらが変わるものか。当たり前のことだけど、おもしろいものだなぁと思いました。

 DVDで入江悠監督の映画「サイタマノラッパー2」を鑑賞。サブタイトルが「女子ラッパー☆傷だらけのライム」。女子だからこその痛さが横溢。前作もそうですが、ゼッタイにみっちり稽古している。でなきゃあんなに長回しで撮れない。そこに好感が持てます。

 今週に入ってずっと嫌な咳がでる。朝晩の冷え込みに油断して風邪をひいたか。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-05-29 23:47 | ワークショップ