漂着種子

 朝から駒場へ。パブリックが主催する、通称「ミニWS研」の初回。ガイダンスを30分ほど。学校で実施しているワークショップのデモ体験が2時間ほど。「世田谷ボロ市」を模した架空のフリーマーケットをご体験いただく。たいへん楽しい。よかったよかった。午後。下北沢の楽園にて。猫の会の「漂着種子2013」をマチネで観劇。「漂着種子1984」をソワレで観劇。これはすばらしい。特に「1984」がすばらしい。堪能しました。「べにじゃらとかけじゃら」は、八丈のシニア劇団が上演したのを観たことがあります。また観てみたいな。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-02-17 14:01 | 演劇一般