果てなき渇望

 午後。いわき市立大野第二小学校でワークショップ。連続3回の初回です。45分のワークショップに対して、その振り返りが2時間超。この振り返りを踏まえ、ホテルに戻って、明日のワークショップのプログラムを練り直す。知恵を絞って新しい要素を足しました。新しいことをやらないと自分でおもしろくないからね。楽しみ。増田晶文の「果てなき渇望」(草思社)を読む。おもしろい。ボディビルに憑かれた人々のノンフィクション。このストイックなタイトル、ちょっと沢木耕太郎風ですね。もう少々派手なタイトルでもよかったようにも思うけれど。

 連日、おかげさまで新しい仕事の依頼が引きも切らない。ありがたいことです。(はやし)
[PR]
by futohen | 2013-02-04 22:40 | ワークショップ